クライミングジムを味わい豊かにご紹介

クライミングジムソムリエ

東京 関東地方

Maboo。BLoC参戦!!

更新日:

皆さんこんにちは、ソムリエです。

本日はマーブーからBLoCの様子をお送りします。

今年よりMabooでもBLoCが開催されると言うことで、普段コンペになかなか出ない私もつい参加してしまいました。マーブーのコンペは絶対たのしい。個人的にはマーブーと荻パンのコンペだけは極力出るようにしています。

各グレード10本づつあり、どれもこれもなかなかの強度。私はミドルにて参戦させて頂きましたが、まぁまず登れない。

2ラウンド制で前半30分だったのですが、ミドルの受け付けから開始までの時間的猶予が少なく、ノーアップにて突っ込んでみましたが、ダメっすよね笑 体がぜんぜん動かない。2ラウンド目になんとか一本落として3完登でフィニッシュ。みんな強くでビビりますわ。

いやーでも最高におもしろかったし最高に熱いコンペでした。1ラウンド目はみんな様子見ぐらいで盛り上がり切れていない感じでしたが、レギュラー男子の登りに会場は熱を帯び、2ラウンド目は最高に盛り上がりましたね。熱を帯びて来たあたりからみんなコンペパワーが溢れて来たようで完登が出始め、リザルト的にも良い予選でした。

ここ最近のコンペはどれも真面目な感じで、お祭り的なイベントの雰囲気が薄れている感じだったので、今回のマーブー戦は良いコンペだったんじゃないかと思います。みんなどこかしらテンションぶっ飛んじゃって、セッター陣のMCも選手のみんなも騒いじゃって、本当にお祭騒ぎ。めちゃくちゃ楽しかった。

課題は全体的に完成度が高くて、リスキーなものが多かったように思います。コンペらしくいやらしいストレス。そして怪我しそうな不安感。レギュラー男子の課題にはポッケから外形したボテに飛び移る課題があり、いかにも捻挫しそうな雰囲気全開。それでも落としていくレギュラー男子登りは会場を大いに盛り上げてくれました。ミドルの課題も一撃はさせて貰えないものばかりで、いかに要領良くコツをつかんでいくかと言う感じ。誰が完登を伸ばしていくか分からない状況がまた良い。

そしてまさかのボーナスがないシステム。強いが正義。完登数で全てが決まるというの状況もまたこちらのモチベーションをあげてくれるものでした。とりあえずボーナスだけ取っておこう。なんて甘い考えは通用しない。登り切らねば価値も無い。もう必死になって登るわけです。

また昨日にはコンペ前日だというのにROLLFILMよりセット風景を収めた予告動画がアップされ、コンペへのモチベーションをこの上なくぶち上げてもらいました。ものすごく大変だったと思いますが、最高にアツい演出でした。そこかしこに選手のモチベーションを高めてくれる工夫やこだわりがあり、とても良いコンペに仕上がっていました。

ノベルティーはなんと3回分の回数券。これ凄くないですか。だって4000円払ったら最大4回も登れるんすよ。ジム利用料が1日2000円だとして、4回遠征に行けば8000円はかかるわけです。激アツ過ぎますよこれ。なんだったらコンペ参加して、その後もう一回行けばトントンくらいなわけです。最後まで残っていようかなと考えてはいたのですが、それに気付きじゃあまたMaboo来ようとなり帰ってきちゃました。ごめんなさい。凄く楽しかったとは言え、いつもの日曜日に比べればちゃんと疲れられていないので…。

今回のセッターはDKさん、若宮さん、藤原さん、JAJAさん、ミニマミストさん、時長さん、海藤さんと豪華メンバー。これだけでも十分に行く価値のある状況。

また近々行こうと思いますので、ミドル以外の課題+決勝課題の紹介は次の機会に。

ちょっと人多過ぎて壁の写真がやや雑になってしまったことをご容赦ください。

それでは皆さんまたお会いしましょう。

関連記事

-東京, 関東地方
-,

Copyright© クライミングジムソムリエ , 2019 All Rights Reserved.