クライミングジムを味わい豊かにご紹介

クライミングジムソムリエ

茨城 関東地方

ストレスフルな課題。核心にたどり着く頃にはチョークなんか跡形も残ってない

投稿日:

皆さんこんばんは、ソムリエです。

今回は沖縄帰り以来のアオロクにお邪魔してきました。

アオロクのジム紹介記事

今回の見所はなんと言ってもセッター陣の豪華さ。最近いろんなところに呼ばれている若手セッター渡辺悠太くんに、我らがボスヒラリーさんとミハルちゃん(元気にしてるかい?)、それとMabooのトッキーとShareの店長魚切さんという、中々揃わなそうな顔ぶれが揃ったセットになっています。ちなみに、緩傾斜からアオ壁までが悠太君で、3D壁から強傾斜がチームロスキャニ、奥壁一帯がトッキー&魚切さんという構成になっています。各壁ダイナミックあり、真っ向あり、バランシーでテクニカルもあり、とにかく面白いセットでした。

スラブの1級は2本あり、片方はスラブでランジするという、大根おろし課題(きっとセット時はそんなことなかった)。他のホールドで何か色々削りそうで、怖くて全然壁の中に入っていけない。意を決して飛び出しても止め先ほんのり悪いし、なかなか楽しめました。もう片方はジワジワと手を進めていくストレスフルな課題。核心にたどり着く頃にはチョークなんか跡形も残っていませんでした。また、薄かぶりの方にある360holdのスローパー課題はすごく良い感じ。多分前半は滑り手の人ならそんなに苦労はしないかと思います。滑り手の場合、序盤に出てくるデュアルは案外持てたりしますからね。後半に出てきたときの絶望感はすごいですけどね。なのでこの課題の場合い、思いの外下部で苦労せずとも、ゴール付近で相当苦労するかと思います。しかもゴールが止まっても実はマッチが悪いという仕様。とりあえずこの課題は夕方付近に触るのが良さそうです。そのすぐ近くにある大人気コーディネーションの初段は中々に癖の強いやつ。体を振ると壁にガツガツ当たって飛び出しにくいし、結構遠いし、上部もしっかり悪い。ソムリエさんは足を捻りそうになったので早々に諦めましたが、怪我をしない程度に是非お触りしてみてください。

3Dから強傾斜は安心のチームロスキャニですので、どの課題も非常に高いクオリティ。全体的にバランスがすごく良くて、強度やムーブ、パワーとテクニックまたはそれらとフットワークとのバランスが絶妙。おすすめはbloczの緑の2級、その横のオレンジ2級、それらの間にある1級あたり。緑の2級は気持ちよく飛んで、バシバシして最後の最後に覚悟が必要なパンチの効いた課題。滑り手のソムリエさんはゴールに手を出す瞬間に相当の覚悟をしましたよ。本当に怖かった。オレンジの2級はテクニカルなポジションどりとパワフルな感じが良い感じにまとまった良課題。下部はしっかりポジション決めないと、人差し指の根元が折れそうなほど痛むので気をつけましょう笑 1級はこれぞクライミングと言わんばかりの程よいストレスが気持ちのいい課題。持ったふりして動いて、頑張ってもつ。オーソドックスな感じではありますが、登りごたえも登りがいもあるので、この課題に惹かれてしまうクライマーは多いのではないでしょうか。ちなみに強傾斜の右端にある青い初段もおすすめ。見た目が最高にかっこいいし、ムーブもかっこいい。けど全然出来ない…。パパンと決めたいところですが、あいにくソムリエさんには色々足りませんでした。

さて、最後は最近変わったばかりの奥壁。3つのエリアの中で、この壁が一番ダイナミック系が多いのではないでしょうか。おすすめは3級の黒課題。うっすいガバを狙ってコーディネーションするという、ちょっと慣れない動きに、上部のバランシーで繊細な感じがとてもよくまとまっています。あとはバブルを使った灰色の初段とその横にあるピンクの初段。灰色の方は初手で結構面食らいますが、意を決して思いっきり距離を出すとなんとかなります。むしろこれはチキった方が危ない。そして上部はアンバランスを真っ向にバランスして抑えるような感じで、ホールド感はいいのにバタバタ落とされるのです。ピンクの方はダイナミックにダイナミックを重ねたようなイケイケ課題。ホールド感と見た目に惹かれて結構やっていました。実は下部はダイナミックじゃなくても多少なんとかなるのですが、上部はどちらにしてもダイナミックで、友人たちとのセッションは非常に大盛り上がりでした。皆さんも仲間たちと遠征の際には、この課題でセッションを繰り広げてみてはいかがでしょうか。

そういえばしばらく来ないうちに受付前にバーカウンターのようなものができていまして、以前よりもオシャレ度アップしていました。コーヒーをいただいて腰を落ち着けたら、しばらく抜け出せそうにもありません。しかもどこかしらからお酒の気配がするし、ここで飲めたらどれだけ素敵なことでしょう。羨ましい。

さてさて、アオ壁などの緩傾斜は来月7月17日にホールド替えが迫っていますので、コンペ以降まだ訪れてないよという方は、一周りした今がベストなタイミングだと思いますので、早めに足を運んでおきましょう。今週末もなんだか天気が崩れそうですから、外岩組を誘って遠征に行かれてみてはいかがでしょうか?

それでは皆さん、またお会いしましょう。

 

アオロクの別の記事を読む

 

関連記事

-茨城, 関東地方
-

Copyright© クライミングジムソムリエ , 2019 All Rights Reserved.