東京 関東地方

Maboo。BloC課題55本。ノベルティは超豪華だった!!

皆さんこんばんは、ソムリエです。

先日はBLoC直後の、熱気の残り香がするMabooに行ってきました。

コンペ当日はあいにくの雪模様でしたが、SNSを見る限りかなり盛り上がっていたようで。しかも雪だし突発『CRAZY DAYS』やっちゃおうぜっていうノリがヤバい。とりあえずそんな機会だし、朝早く行っちゃおうと路面凍結が残る中ビクビク運転しながら行ってきました。

ジムに入ってまずビックリ。あのボロボロのマットが新しくなっている!私もmabooのマットには何度も何度もダメージを与えてきました。上部から着地した衝撃でビリッと音がした時は冷や汗が出たものです。でももうそんな心配は要りません。そしてマットが明るい色になったせいか、壁がより映えていました。いつも以上に写真映えする壁。

そして何と言ってもこのボリューミーな壁。アンブルの巨大なボテやスローパーがこれでもかと付いているし、マグロさんも健在。スラブから強傾斜に至るまでモリモリした壁。やっぱりmabooといったらこんな壁ですよね。もう堪らんですわ。

課題の方はといえば、マーブーらしくもあり、コンペらしくもあり、一癖も二癖もある課題揃い。セッターもトッキーやDK、JAJAさんなどなど安定の面々ですから、面白くないわけがない。スラブ垂壁はいかに足との信頼関係を築けているかを問うような、ストレスフルな課題が中心。ジブスに立ち込めるか、うっすいジブスをいかに踏んでいられるか、ボテをどれだけ踏めるかというような課題が印象的。個人的にお気に入りはやはりマスター決勝のガーリックサーフ課題。ホールドが好きだし、ホールド感や踏み心地が好きだし、何よりかっこいい。課題としてもパンチの効いた課題で、とりわけゴール付近の緊張感は最高でした。視界の端に見える大きめのホールドが良いストレスを演出しています。保持力はほとんど使わない系の課題なので、疲れた時でも思いっきり打ち込めます。

他にはマグロをふんだんに使ったエントリー決勝課題はエントリーと思えない悪さだったし、ルーフカンテ側の黒はムーブもカッコいいし、最高に楽しい課題でした。黒に関しては1日を通してずっと打ち込んでいた気がします。結局落とせなかったけど。ちなみに上まで行くとかなーり疲れるので、体力があるうちに取り掛かるのがオススメ。登りきれるかは別として、頑張れば手を勧められるのでトレーニングや締めの追い込みにも最適。他にも打ち込みたくなる課題が豊富なので、しっかりコンディションを整えて行くことをオススメします。

 

また課題数が予選課題と決勝課題を合わせて55本もあるのです。ただの55本ではないですよ。癖の強いマーブーの課題が55本もあるのです。油断していると触りきる前に指皮も体力も尽き果てるので、事前のオブザベを入念に、計画的に登っていきましょう。

そしてコンペが苦手なソムリエさん、肝心なことを忘れていたのです。BLoC:maboo戦はノベルティーがやたらと豪華で、入賞景品にアンブルのボテがあるということを。ノベルティーはオリジナルTシャツ(カラーバリエーション豊富)とマーブーちゃん大出血verのトートバックに3回分の回数券。お得すぎやしませんか。3回分の回数券だけでも一日利用料に換算すれば余裕で参加費を超えますし、そこにTシャツとトートバックがつくとか。お得すぎて正気の沙汰じゃない。しかも今年のボテめちゃくちゃカッコいいんですけど。超欲しい。来年の今頃は関西にいる予定ですが、しっかりトレーニングしてmaboo戦には帰ってこようと思います。アンブルのボテが手に入るかもしれない数少ない機会ですから、頑張る。

さて、今回のセットは3月11日(月)まで。まだ一月ほどありますから、仲間たちを誘って是非是非登りに行ってください。これを触らずに見逃してしまうのは、あまりにも勿体無いです。

また、最近mabooにいる猫様たちがめちゃくちゃ可愛い。登っていても猫様たちが出てきたというだけでクライミングを忘れてレストしてしまいますし、軽いレストのつもりが猫様と戯れているうちに結構長めのレストになっていたりと、心ゆくまで癒されてきました。動物がいるジムってそれだけでいいですよね。癒される。

それでは皆さん、またお会いしましょう。

関連記事

-東京, 関東地方
-

Copyright© クライミングジムソムリエ , 2020 All Rights Reserved.