クライミングジムを味わい豊かにご紹介

クライミングジムソムリエ

コラム

チョークバックClifeのレビュー

更新日:

皆さんこんばんは、ソムリエです。

今日は2019冬Clifeから発売される、新作のチョークバックについて簡単にご紹介しようと思います。

 

Clifeのレビュー

今回ラインナップされるチョークバックは2種類あり、大容量の『GRANDE』と、それより少しコンパクトな『TALL』。そうです、スタバでお馴染みのあのサイズ表記ですね。

とりあえず先ずはGRANDEのレビューから。

 

GRANDE

GRANDEは高さ34cm、直径22cmとかなり大きいサイズ感。SNAPの古いチョークバックや、BEALのコクーンに並ぶ結構なビックサイズ。こちらは二段構成になっており、上部は普通にチョークが入る部分。下部にはプラスチックのチャック式で開閉できる大きなポケットがあります。ここも良いところで、金属製のチャックの場合、チョークが詰まって動きが悪くなることがあるのですが、プラスチックチャックの場合その心配もありません。しばらくGRANDEを使用していますが、チャックの動作は快適そのものです。

チョークが入る部分は本当に大容量で、Glasp新品(400g)が丸々入ります。手汗&面倒臭がりなクライマーにはうってつけのサイズ感。ガバッと入れて、そのまま使えるのでチョークを補充する手間が省けて楽チンです。小さいチョークバックだと新品のチョークが入りきらないこともあるのでその管理も含めて私は面倒なのですが、こうも綺麗に入ると助かりますね。下部のポケットもまた大容量で、テーピングにチョークバックはもちろん、スマホスタンドやスマホに充電器を入れても問題ありません。そのくらい簡単に入るんですよ。ちなみに下部のポケットをいっぱいに入れると重心が安定するので、多少足がひっかっかったくらいでは倒れもしません。クライミングをしていると、足を引っ掛けたり坂で重心が崩れて倒れたりすることもありますが、これならそれらの心配もありません。上部は安心のマジックテープにロール&バックル式で、収納時にチョークがこぼれる心配もなし。チョークバックのサイド下部にはブラシなどを挿しておけるブラシホルダーもあるので、ブラシを入れたり磁石につけたりと使い方は自由自在。大きなロゴも個人的にはかなりお気に入り。

 

TALL

TALLは高さ約28cm×直径約19cmと、少し小振りで使いやすいサイズ感。イメージ的にはMoonのチョークバックくらい。下部の大きなポケットがない分、少しコンパクトになりましたが、底面に大きなポケットがあるので、液チョーやらスマホやらブラシまで、結構入ります。こちらも底面にものを入れておけば低重心になるので、倒れる心配も軽減されます。サイズ感的に、外岩からジムまでオールラウンドに使いやすいモデル。都市部に在住のクライマーには、多分こちらがおすすめ。地方在住で車移動が主なクライマーは、GRANDEでも問題ないでしょう。

また両方に共通の主な特徴として、外側には防水生地が使用されていますので、外岩に行った際に多少の水濡れがあっても問題ありません。なんだったら汚れてきたときに軽く水拭きして綺麗さっぱりということも可能。底と横側にはウレタンを使用して、型崩れがしにくいのも嬉しいポイント。内側が起毛生地でチョークが乗り易いのも個人的には GOOD。内側が起毛ではないやつって、なんか苦手なんですよね。多分滑り手の人はわかってくれると思う。そしてTALLは下部の方に控えめなロゴのアクセント。

 

カラーバリエーションが豊富

両方ともカラーバリエーションが非常に豊富で、お好みの色をチョイスしても良いですし、個人的にはデニムが極め付けにカッコよくてお勧めです。まぁデニムなんで当然、防水機能はないんですけどね。それでもカッコいいから気にしない。何より普段ジムでしか登らない人間なのでね…。

 

Clifeのコスパ

そして何より特筆すべきは、そのコスパの高さでしょう。

GRANDE:4300円

TALL:3800円

※2019年9月時点の価格。どちらも税別。

 

このサイズでこのクオリティのチョークバックが5000円もしないことに驚かされます(デニムVerはこれにちょっとプラスされる)。最近のチョークバックは結構いいお値段しますからね。気軽に買えるものじゃあない。でもこのくらいのお値段なら、比較的手を出し易い。

初めて買うチョークバックにも、今使っているチョークバックに納得がいかず買い換えを検討している人などにおすすめ。関東では東京のアングラと、栃木のロストキャニオンに実物が置いてありますので、気になっている方はぜひ実際に見て触って確かめてみてください。

下にClifeの取扱ジム一覧のページも載せておきますので、購入したい場合はそちらに問い合わせてみていただけたらと思います。

Clifeの取扱いジム一覧

 

それでは皆さん、またお会いしましょう。

関連記事

-コラム
-

Copyright© クライミングジムソムリエ , 2019 All Rights Reserved.