クライミングジムを味わい豊かにご紹介

クライミングジムソムリエ

埼玉 関東地方

Beborn BBBBQ 2019

更新日:

皆さんこんばんは、ソムリエです。

先日は予告通り、Bebornの『BBBBQ』に参加してきました。登って飲んで、食っては笑ってと非常に楽しい時間を過ごせました。

やっぱりクライマーと昼間っから飲むビールは格別ですよね。しかも今回のイベントでは超太っ腹で、ビールサーバー飲み放題だったんですよ。そりゃもう飲むしかないじゃないですか。開店早々に行って15時まで登り込んで、そこからは帰るまでひたすらビールビールビール

一体何杯飲んだのか、さっぱり覚えていません。たこ焼きもパエリアも焼肉も美味しくておなかいっぱい食べられたし、大満足。行こうかどうか迷っていた人は、次の機会には参加してみてください。最高に楽しい素敵なBBQでした。一緒に飲んでくれた皆さん、本当にありがとうございました。また一緒に飲んでくれると嬉しいです。

 

さて、忘れる前にとりあえず今回のイベントの課題を簡単にご紹介しようと思います。

今回のイベントでは奥壁の一帯と、強傾斜左側の1面がイベントセットになっております。ゲストセッターにはノブさんや波田君など色々な方が入っております。

イベント課題は全部で25本。まぁイベント課題ともなれば大体1級くらいまでで20本で、いい感じに楽しめるかなーっていうのが、まぁまぁ一般的な流れだと思うんですよ。今回のイベントもBBQ絡み出しそんな感じかなーと思っていたら、メチャ悪仕様。これには度肝を抜かれました。本気で登っても13本しか登れなかった。全課題中の半分ですよ。この後BBQだよ。こんな本数じゃ悶々としちゃうよと思いながら、普通に飲み始めて速攻でそんな悶々とした気持ちは忘れましたけどね。しかし本当にイベント課題とは思えない引き締まり具合。保持感はいつものBebornくらいに出してるし、動きも悪いし足も悪い。ポジションで逃がすにしても逃がすポジションに行くまでの保持感がこれまた強くて、全然誤魔化せない。やっぱりBebornってこんな感じだよねって思えば、納得もできました。

イベント後にはすぐさまホールド替えが行われており、イベント課題で残っているのは多分奥壁くらい。なので今回は、奥壁の課題をメインに話していきましょう。

コーナーエリアでは、オレンジの課題と黒のFlat課題。後は赤いアンブルの課題が印象的。この3つの中では赤いアンブルの課題が最も簡単で、壁に向かって飛んでいく不安さがいい味出しています。地味に距離があるので、中途半端に飛ぶと逆に怖そう。多分4〜5級くらいの強度なので、横っ飛び系初挑戦という方にはちょうどいい練習課題。ある程度登れる人にとっては程よく体を動かせるダイナミックな課題なので、初心者から上級者までお触りしてもらいたい。オレンジと黒はどちらもかなり悪目の課題で、オレンジが体感1級以上。黒が1〜2級くらいかと思われます。オレンジはこれでもかっていうほどにバランシーで繊細なカチ課題。各パートどこもバランシーだし、中盤以降シビアなスタンスだし、何よりカチを必死に握ったり抑えたりと保持感も強め。こういう課題は決して苦手じゃないんですけど、序盤のパートを全く処理できず、あえなく敗退。見ていた感じ、多分女性やリーチが短い方がこの課題は比較的登りやすそうですね。中盤に入るパートが、ある程度リーチがある場合かなり狭い感じで、それを抑えるためにも保持感を高めねばなりませんので、指が弾け飛ぶかと思いました。ちなみにこの辺から強度がバグってましたね。番号順に並んでいるのかと思いきや、これめちゃくちゃ悪いですやんと、思いっきりハマっていました。黒の課題はオレンジ同様にバランシーではありますが、Flatをどうにかこうにか抑えられればなんとかなるかなっていう課題。まぁその序盤のFlatが全くうまいこと抑えられないんですけどね。中盤以降は足技多用したりもできるし、オレンジの課題ほどはヤバくない。そして何より見た目がかっこいい。こちらもぜひお触りしてみてください。

奥壁では中央の青と黒が特に印象的。青はムーブの多様さがあり、ほどほどの保持感と強度感が絶妙な登りごたえのある課題。要所要所足とポジションで逃していく感じもまた堪らない。とりわけ上部は成人男性にはやや狭く、そこを上手いこと耐えた先のゴールの不安さもまた良いアクセントでした。個人的に結構お気に入りの課題ですね。多分強度的には2〜3級くらい。黒の課題の方は持てないホールドをいかに足で逃していくかという感じで、その肝心のあしもシビアときたものですから、一筋縄ではいかない課題になっています。とりわけ上部は結構な悪さを出していまして、どれだけ足を信じられているかが勝負ですね。思いっきり乗り込むと足を滑らしそうだし、かといって中途半端に腰を出して動くとマット外に吹き飛びそうだし、中々メンタルに訴えかけられるものがありました。こちらも是非、お触りしてみてください。

イベント後には強傾斜の左面と緩傾斜側の薄被りが新しいセットになっておりまして、ゲストセッターに今回のイベントで大活躍だった波田君に、爽やかイケメンの茂木君を迎えたセットになっております。壁の様子を見る限り、すごく楽しそう。これはまた近々登りに行かねばなりませんね。

皆さんも是非、今度の遠征の際に足を運んでいただけたらと思います。

それでは皆さん、またお会いしましょう。

 

Be bornの別の記事を読む

 

関連記事

-埼玉, 関東地方
-

Copyright© クライミングジムソムリエ , 2019 All Rights Reserved.