クライミングジムを味わい豊かにご紹介

クライミングジムソムリエ

東京 関東地方

コンペ壁とRed bull ASURAの課題

更新日:

皆さんこんばんは、ソムリエです。

今回は平日に東京に出る用事があったので、いい機会だと思い荻パンにお邪魔してきました。ちょうど、Red bull ASURAの課題が残っていたので、それも気になっていましたからね。今回は訪れた日がコンペ壁の最終日だったので、とりあえず今回は軽めな感じにしておきましょう。

とりあえず荻パンのコンペ壁は相変わらず最高で、単純に登っても楽しいし、何より登る過程の中で発見やテクニックの習得が出来てしまう課題の作りが本当に凄い。とりわけフットワークを中心に多くのことを学べます。外形したボテの踏み方だったり、コーナーは意外としっかり踏めるものだと気付かされたり、足の入力や出力1つでこれほど大きな変化を感じられるのかと思わされたり、いつ行ってもいつやっても勉強になります。また今まで経験してきたフットワークを余すことなくフル活用できる場でもありますから、登っても楽しいし身になる最高の壁ですね。やっぱりこの壁はジム全体で見ても飛び抜けて面白い。

他の壁も勿論安定のクオリティで、遠征向きの課題ばかりではなく、しっかりとしたクライミングをさせてくれる課題も豊富でした。ですが今回は随分と辛めな感じで、弱々しいソムリエさんは2級までしかお触り出来ませんでした。ということで、今回は2級までを中心に印象深い課題を少しばかりピックアップして紹介しましょう。

1つ目はサーキット左にある黄色い2級。ダイナミックな初手に、パワフルでバランシーなムーブが続く良課題。全体的にホールド感は良いのですが、パワフルで動きも悪く、一手一手進めるごとに確実に体力を削られていきます。中間部では中々バランス感のキモい一手があり、そこをどうにかこなしても、ゴール前のサイドアンダーがその時のスタンスを含めて異様に悪い。不安な保持感に不安なスタンス、高さもそこそこにあって次の一手を出すことさえままならず、あえなくソムリエさんは敗退してきました。Kilterだしムーブもカッコいいし、かなり惹かれていたんですけど、あの一手の不安感はそれを上回るほどに強烈でした。

そのままずーっと奥に行きまして、サーキット右のほうにある白い3級が人気課題の1つ。スタートはガバ、取り先はまぁまぁ掛かるボテ。でもこの外形しきった足はなんだろう。すんごく怖いんですけど。実際最初の何回かは、踏み抜きそうで怖くてちゃんと踏めていませんでしたが、何回かやっているとちゃんと踏めば案外踏めるということに気づいて、なんとか飛び立てました。上部は上部でパワフルなバランシー系に仕上がっていまして、とてもいい感じ。比較的真っ当な3級って感じでもありました。

続きましてサーキットの向かい側にあるブロー壁では、スラブ面(ヨセミテ)側にある黒い3級が秀逸でした。確かこの近くにある青いCheetaのポッケを使う3級とか、So iLLの白い3級も非常に楽しんできたのですが、一番どれが面白かったかといえばスラブ側の黒い3級でしたね。一見するとシンプルなコーディネーション系の課題に見えますが、とてもよく練られている課題で、手順通りに動かないと容赦無く落ちれます。特に上部のパートが絶妙に悪くて、かなり四苦八苦しながら登りました。おすすめ。

スラブ面のヨセミテでは相変わらず痺れるスラブを体験できます。特に印象深かったのは、スラブ面中央にある黄色い4級。なんだか4級という割にはホールド少なすぎる気がするし、普通に悪いし怖い。バランス感も重要だし、パワーも必要な課題で、かなり頑張って登りました。4級とは思えない内容の濃さと登り堪えがあるので、こちらもぜひお触りしてみてください。

コンペ壁前の強傾斜面(ロックランズ)では、垂壁側の黒い3級と、強傾斜面から始める黒い2級がいい感じ。垂壁の方の3級は繊細なバランス感を保持や体幹で抑えていく課題。その保持とポジションのバランスが絶妙で、思わずリピートしてしまうほど面白い課題でした。強傾斜の方から始まる黒い2級は、保持もあり、ダイナミックさもあり、気持ちの悪いポジションを我慢するなど、いろんな要素が詰まった課題で、多分現セットの2級の中で一番登りやすい2級かと思われます。2級も色々触ったけど、このほかは落とせる気が全くしませんでした。

久々の荻パンは安定の辛めな設定で、油断すると心がぽっきり折れてしまいそうでした。きっと1人で登っていたら、トイレで泣いていたかもしれません笑 まぁあれですね、通って登り込むグレード感。でも実際、このくらいのグレード感が本来の強度なのかもしれません。また冗談抜きに課題の質は圧倒的だし、パワーもテクニックも高く要求される上に他では味わえないこのクリティは、一回こっきりの遠征だけではもったいないなと感じました。もっとじっくりいろんな課題を登り込んで、それらを自分に取り込みたい。

今月末にはスポルティバのイベントもあり、そこでまたセットが変わってしまうかもしれないので、現セットも賞味期限短め。

是非お早めに足を運んでみてください。

またイベントも一風変わった感じっぽいので、荻パンのHPを要チェック。

【ENTRY】CLIMB TOKYO BY LA SPORTIVA

 

それでは皆さん、またお会いしましょう。

 

 

≫ 荻パンの別の記事を読む

 

関連記事

-東京, 関東地方
-

Copyright© クライミングジムソムリエ , 2019 All Rights Reserved.