クライミングジムを味わい豊かにご紹介

クライミングジムソムリエ

東京 関東地方

マーブー狂気の企画『CRAZY MONTH』開催

投稿日:

皆さんこんばんは、ソムリエです。

もうそろそろ行き過ぎだよと指摘されそうなものですが、またしてもマーブーに行ってきました。もう一体何回記事にしたか分からないですけどね笑

今回はマーブーの人気(狂気の?)企画『CRAZY』を各週末で行う『CRAZY MONTH』が開催されております。いつもは仕事終わりに行って夜更かししながら登っていたのですが、今回は珍しくお休みが合いましたので、普通に朝から行っちゃいました。最近体が少しずつおじさんに近付いているのか、夜更かしが出来ないというかしんどいんですよね。

今回のセットはDKさんとトッキーによるクオリティを追求し愛に溢れた感じになっております。正直この2人がクオリティを追求したら愛なんて微々だるものなんじゃないかと、今回もきっとそんなに登れないんじゃないかなと思っていたのですが、案外そんなこともなくて本当に愛のある課題が豊富でした。やらせたいであろうところまで登れるし、打ち込んで頑張ればなんとか登れるくらいの強度感もちょうど良い。今回もカラーグレードではないので課題の強度は見た目からは分かりませんが、課題ごとにしっかりグレードが割り振られているという珍しい仕様。気になる方は是非トッキーに聞いてみてください。

さて、課題の方はというとどれもすこぶる面白くて、練りに練られているのだなと感じる課題ばかりですが、今回はその中でも個人的にお気に入りのいくつかを紹介しておきましょう。

まずは垂壁の黒いFlatの課題。こちらは比較的優し目の課題ですが、下部から中部にかけてのバランシーな感じから、上部の思い切りのいる一手が印象的な良い課題。足置きやバランス、ポジションをしっかり考えて合わせていかなければなりませんが、それらがぴったりハマれば優し目な感じ。クオリティが高い課題ってこういう課題のこと。

スラブでは白と黄色がオススメ。この巨大なガーリックサーフと戯れられる格好の機会でもありますし、何よりそこに至るまでの足の不安さもまた面白い。これぞ足で登る課題。今にも抜けそうな足、今この足が抜けたらヤバイという危機感、そして上部で滑った両手の不安感。そのバランスが最高に面白かった。とりあえず滑り手の人は間違いなく滑り核心になるかと思いますので、何かしらの対策をしてトライしましょう。最後左手が仕事してくれなくなるんですよ笑 黄色の方も比較的優し目の課題。とは言いつつも、こちらもバランス感がいやらしくて、不安な足を信じて乗っていく、スラブの面白さが溢れる課題。インスタのライブ配信でDKさんが登っていた紫を登ろうと思っていたのですが、それだけすっかり忘れていました。不覚。帰ってからやり忘れていたことに気付き、すごく後悔しました。ということで、その課題は是非訪れた際に実際にやってみて体験していただけたらと思います。

スラブ横のバルジ的なところでは黄色と赤がいい感じ。黄色は下部は足技多用して楽しくこなせるかと思うのですが、中盤の一手が妙に悪い。すんごくアンバランスでストレスフルな一手。これはポジションで結構大きく変わるので、色々探ってみるのが楽しい課題。なんとか中盤をこなして上部で一安心するのは早計で、決して油断してはなりません。油断すると本気で落ちそうになります。私は大体落ちるところまで行きました。ちょっと余裕カマそうとしたら死ぬほど辛い抑えをする羽目になりました。もう一度ここまでこなせる体力はないという気持ちだけで、なんとか抑えた。皆さんは油断なさらないよう、お気をつけください。赤はコンパクトにまとまった、パワフル&ダイナミック課題。とにかく持って引いて耐えて、気合一発。しかしながらパワフル&ダイナミックと言ってもスタートの足のバランスは嫌だし、要所要所の足やバランスが嫌らしい。さすがにそう一筋縄でいくものではありませんね。

凹角あたりではスクアドラのヒレがついている青、マグロの青が面白い。青ヒレ課題は愛のある中でDKさんのワールドを垣間見ることができます。足置き1つ1つを入念に考えて、ポジションを合わせて上手く登って行けば、案外登れる課題。ゴール付近で特にそれを感じられるかと思います。

マグロさんはパワフルでバランシーな絶妙な課題。ギリギリのところでポジションを取るのが難しくて、あーでもないこーでもないと試行錯誤するのがまた楽しい。

ひと壁飛んで先に強傾斜の方だと、追加セットの白が面白い。掛かりの良いスローパーにクロスでダイナミックに入るかっこいい課題。クライマーならこの課題に誰しもが引かれてしまうことでしょう。だってカッコいいんだもん。結構体力を使うので、これは序盤で取り組んでおくといいでしょう。後半は本当にしんどくなって体をコントロールできなくなってくるので。

ルーフのところでは兎にも角にも追加セットの黒がオススメ。今回ソムリエさんのイチオシ課題。程々のホールド感に、サイファーが生えるイケメン課題。この課題もカッコいいし、何より面白い。この課題が追加セットの課題だと思えないくらいのクオリティで、これをやり始めてから結構夢中で取り組んでいました。しかしながらこの課題も体力核心的なところもあるので、序盤にやっておけばよかったと心の底から後悔しました。もうね、これはアップが終わって体があったまったら早々にやったほうがいいです。後半にやるものじゃあない。とりあえずこの課題は訪れたら是非やってみてください。すんごく面白い。

とまぁ、こんな感じ。

いつものマーブーが面白いものだとしたら、今回のセットは面白くて『楽しい』セットでした。どの課題からもクオリティの高さを感じるし、クライミングの楽しさが溢れる愛のあるセット。多分いつもより愛はあるけど甘くはない、そんな感じのセットになっていましたので、是非このセットが残っているうちに遠征に行ってみてください。今月は毎週末CRAZYしていますので、仕事終わりに深夜のハイテンションクライミングに興じるというのもいいかもしれません。

それでは皆さん、またお会いしましょう。

 

≫ 別のMabooの記事を読む

 

関連記事

-東京, 関東地方

Copyright© クライミングジムソムリエ , 2019 All Rights Reserved.