クライミングジムを味わい豊かにご紹介

クライミングジムソムリエ

栃木 関東地方

バランシーの繊細さが上に行くにつれて増していくとてもスリリングな課題

投稿日:

皆さんこんばんは、ソムリエです。

今回はロスキャニが前回の投稿より3面変わりましたので、簡単に記事にまとめておこうと思います。

≫ ロスキャニのジム紹介

 

前回から変わったのが、95度・110度・DOME壁の三面。DOMEはゲリラセットで変わったばかりで、2級のピンクだけ残ったNEWセットになっております。今回のセットもバリエーション豊富な構成で、ロスキャニらしさ全開な感じに仕上がっておりました。

緩傾斜の方から印象的な課題を紹介していきますと、95度は全体的にバランシーさが強調されている印象では黄色の1級と黒の2級、それとピンクの3級がオススメ。3級の課題は全体的にバランシーな課題で、そのバランシーの繊細さが上に行くにつれて増していくとてもスリリングな課題。ゴール一手前の不安さといったらかなりのもので、覚悟を決めた渾身の一手だったと言えるでしょう。黒の2級はこれまたバランシーで保持感も強めな課題で、上部はもっと怖い。ゴールマッチのドキドキ感はなかなかのものです。そして黄色の一級。これは未だ落とせていない宿題課題。とにかく不安を煽ってくるような見た目の足を信じて乗り込んで、耐えて耐えてどうにかこうにかする課題。なんとかバラせはしたけど繋がらない。まだまだ足元が未熟な証拠ですね。

105度の方はバランシーさもありながら、95度よりも動きのある課題が豊富です。オススメは黒の2級と右の青3級。3級の方は一見保持感が強そうな感じではありますが、実際登ってみるとポジションや足だけで荷重を相当に逃がせる課題ですので、バランシーやテクニカル系の入門編としても良い課題。この課題は結構お気に入りで、訪れた際には毎回触っております。2級の方はバランスや保持、そして忍耐が試される課題。前半も不安なスタンスが続きますが、何より後半の一歩が結構曲者でギリギリを耐えていく感じが面白い。この他にも紫の2級もショートハードにコンパクトにまとめられた良い課題ですし、赤い1級も映え系課題なので好きな人にはたまらない課題でしょう。そちらも是非触っていただけたらと思います。

そして変わったばかりのDOME壁は以前にもあったピンクを残してそれ以外の課題が一新されております。ちなみにこのピンクもかなり面白いのでオススメ。初見では腹筋に多大な負荷がかかるので、これが狙いだとしたら早々に取り組んでおくべきでしょう。95度・105度は比較的愛のある強度感ではありますが、DOME壁は一気にパンチが効いた感じ。5級からすでにドキドキするし、4級もそこはかとなく怖いし、青い3級に至っては新しいセットの3級の中では一番癖の強い一本となっているのではないでしょうか。下部の垂壁以上に繊細なバランス感に、上部のパワフルなパートもいい感じ。上のグレードを触る人でも、気を抜けば容赦無く落とされるいやらしいバランス感でありますので、ぜひ触ってみてください。そしてこの課題でいちばんのお気に入りは赤い一級。序盤のパワフルな保持感と肩へのテンション、いやらしいフットホールドに、ひたすらに保持って耐えて登っていく、これぞクライミングというような課題。ばえばえな課題も面白いけど、最近は結構こういう課題も結構好きだったり。壁の傾斜と課題のねじれによって、決して単純には登らせてもらえない感じがまた良い。久々に心から惹かれるラインに出会ったような気がします。ちなみのこの横にある黒い初段も映え系課題。兎にも角にもFlatのsuper starが全く持てなかったので、こちらは早々に敗退。多分体幹やら色々足りない。でもこの見た目にはすごい惹かれる。もっとトレーニングに励まねばなりませんね。

とまぁ課題の方はこんな感じでした。全体的にフットが他のジムに比べてわるめでもありますし、ポジションを非常に意識させられるので、そういったテクニック系を磨くにはうってつけのセットでありました。是非、このセットが残っているうちに足を運んでいただけたらと思います。

あと、Clifeからこの夏発売される新作チョークバックの先行予約販売が開始されております。私も愛用しています『Grande』はグラスプや東京粉末の大きい方のパック新品丸々1つを飲み込む大容量で、下のポケット部分に液チョーやテーピング、爪切りなどクライミング中に必要なものをまとめて突っ込んでおけるので、非常に使い勝手のいい(楽チン)チョークバックです。最初見たときはコクーンや古いスナップのチョークバックを思い出してしまうほど大きく感じました笑 私もその口ではあるのですが、チョークバックは大きい方がいいんですよね。何回もチョーク補充するの嫌なんで。それにチョークアップの際に肩にややゆとりを持って両手を突っ込みたい。多分、そう思うのは私だけじゃないはず。流石にそれじゃ大きすぎると言う方もいらっしゃると思うので、そんな方には後日発表される『Tall』がオススメ。ロゴも少し小さくなってシンプルなデザインに、そしてよりリーズナブルな価格帯。どちらも5000円もしませんし、クオリティと大きさと値段のバランスがちょっとおかしい。かなりコスパのいいチョークバックです。Tallとか普通に欲しい。店頭には実物サンプルが置かれていますので、ぜひ足を運んで手にとってご覧になっていただければと思います。

それでは皆さん、またお会いしましょう。

 

≫ ロスキャニの別の記事を読む

 

関連記事

-栃木, 関東地方
-

Copyright© クライミングジムソムリエ , 2019 All Rights Reserved.