クライミングジムを味わい豊かにご紹介

クライミングジムソムリエ

茨城 関東地方

Avue。店長の國井さんによるセット!課題のクオリティを保証

更新日:

皆さんこんばんは、ソムリエです。

実は先日の水戸ゼロ遠征の後、一人でこっそりAvueに行っていました。

待ちに待った全面ホールド替え(多分まぶし以外)を3月の中旬に控え、入ってすぐにある薄被りがホールド替えをしていたので、どうしても行きたくなってしまったんです。ジムからジムをハシゴしても、絶対ろくな結果にならないとは分かっていたんですが、近くまで来たし行くしかないと無理を押し通してきました。

今回のこの壁は、國井100%(店長の國井さんによるセット)。つまり課題のクオリティは保証されているというわけです。国井さんのことをご存じないという方のために少しだけ補足しておきますと、茨城のクライミングシーンを語る上で国井さんは欠かせない存在で、県内を中心に外部セットに呼ばれるような方です。すっごく良い人で、実際国井さんがAvueの店長に就任してから、以前にも増して良いジムになっています。

訪れた際には5級から1級までの9本がありました。ちなみにどれも結構悪めです。というより、どれもそのグレードにしては保持感強め。水戸ゼロからのハシゴだったのでアップは軽めでイケるかなと思い4級に取り付いたら、紫色の課題で普通に落ちました。これは恥ずかしいと次のトライでは確実に落とすために、かなりしっかり保持を出してしまいましたし、この時点で体感優しめの3級くらいある。安定のAvueグレードですね。

気を取り直して3級に進むと、まぁこちらも保持感の悪いこと。SoiiLの課題に関しては中間部は気持ちよく動けるのですが、初手取りとゴール取りの悪さが際立っており、かなり打ち込み甲斐のある課題。

2級は3級以下から考えれば、どちらも比較的愛のあるグレード感。2級ど真ん中って感じの強度。正直いうとホールド替えの写真を見たとき、このピンクの課題と真ん中の青い課題に強く惹かれたのです。eGripsのBubble big wave、大好きなんですよ。良いホールドですよね。ガバにするにも悪くするにも変幻自在でこれを使った課題はグレード問わず面白い。以前はまぶし壁に付いていたのですが、話を聞いたらなんとこのホールド、最近は倉庫で眠っていたそうです。課題のクオリティに一切の妥協を許さないとはいえ、このホールドさえ倉庫送りになるとは正直驚きでした。流石はAvueといったところでしょうか。

つい話が逸れてしまいましたが、2級以降の話に戻しましょう。ピンクのBig waveがついている課題はど真ん中2級といった課題。序盤のカチパートの中でさえ、バランシーでテクニカルな要素があり、その上で思いっきり保持って動くといろんな要素が詰め込まれた良課題。黒いFlatの課題はピンクよりも保持もムーブも体の使い方もより濃く強くしたような課題。こちらの課題の方がより強く『クライミング感』があって、個人的にどストライクな課題でした。足や動きで幾らかは誤魔化せても、最終的にはしっかり持たねばならないので、持ちうるものを総動員してなんとか完登。

1級は今ままでのオーソドックスなクライミングからは打って変わって、今風なダイナミックな課題。初手がなまじ良いので、中途半端な取り方をするとドロップキックよろしくな落ち方をするので注意が必要です。妙なテンションに入っていたのかそんな落ち方を何回か続けていたら、翌日首の痛みに襲われ指皮がいつの間にかいなくなっていました。でも楽しかったから後悔はありません。

このセットは3/15(金)と賞味期限短め。まぶし壁ではホールドを追加してマンスリーが行われているので、今回のセットはもう行ったよと言う方も、ホールド替え前にもう一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか? 新しい課題とマンスリーがあるので、おさらいや宿題回収も兼ねて登り倒せるかと思います。

それでは皆さん、またお会いしましょう。

 

≫ Avueの別の記事を読む

関連記事

-茨城, 関東地方
-

Copyright© クライミングジムソムリエ , 2020 All Rights Reserved.