クライミングジムを味わい豊かにご紹介

クライミングジムソムリエ

埼玉 関東地方

ペンギン。フィジカル要素を強めただけではない課題がとても味わい

投稿日:

皆さんこんばんは、ソムリエです。

今回は久々にペンギンに登りに行ってきました。ペンギンに来るのは紹介する際に訪れて以来。思えば結構時間が経ってしまいましたね。

≫ ペンギンのジム紹介はこちら

今回は渡辺海人君のセットの直後の往訪だったので、真新しい課題を中心にテープ課題とマンスリーを堪能してきました。

今の壁には、海人くん、カジマルさん、ヒデさん、波田くんがゲストに入っています。ロイヤル(垂壁スラブ)が波田君とカジマルさんで、アデリー(薄かぶり)とイワトビ(ルーフ)が海人くん、コウテイ(強傾斜)とキング(強めの薄かぶり?)あたりが波田くんとヒデさんによるセット。ガラパゴスと呼ばれるキッズウォール的なところも、波田くんとヒデさんのセット。どの壁もそれぞれの個性が色濃く出ていて、とても楽しんで登ることができました。

とりあえず海人くんがセットに入ったアデリーとイワトビはマンスリーも兼ねており、一部目隠しグレードになっていました。やはり目立つのは、イワトビの青いスクアドラを使った課題と紫色の巨大ローフスの課題でしょう。どちらもすごく良かった。青い課題の方はオブザベしてみるとわかるのですが、ルーフからダイナミックに抜けるという、なかなかイケメンムーブを想起させる課題。下部がほどほどのカチなのでできるか不安だったのですが、案外できるもんです(できたからと言ってイケメンムーブになったかは定かではない)。抜けた後は気持ちよく登れるので、オススメ。紫は1級となっていて、こちらは気持ちの良い負荷が印象的。ローフスを抱えてぶら下がり、キャンパで一手を出してうまい具合に右手で抑えるのがカッコいい(そういう動きはしたが、これまたカッコよくなったかは分からない)。そうやって下部を抜けても、上部にてゴール取りの距離感に面喰らうかと思います。マントルを返してゴールを見た時に、確実に背伸びをしたくらいじゃ距離が足りないのです。しかもその体勢まで行くと選択肢はかなり限られるので、私は腹をくくりました。いや怖かった。でもストーリーがある課題だったので、とても良かった。あと海人くんのセットは悪めという先入観があったのですが、実際そんなにぶっ飛んじゃいませんでした。

アデリーの方では特に黄色い初段が印象的。スロット状に塞がれたカチを握り込んで、悪めの円盤をどうにかマッチして比較的持ちの良いカチを取りに行く課題。円盤マッチまではどうにかなるのですが、次のカチ取りまで行けなくてそれがなんだか悔しくてつい打ち込んでしまいました。ちなみに序盤のスロットカチは結構痛いですが、何回か持っていると不思議と慣れます(痛いけど)。多分円盤のフリクションが落ちるとより悪くなると思われるので、早めに訪れた方が可能性は高まるかと思います。

このまま他の壁の話に移らせてもらうと、ロイヤルではカジマルさんによる『女子に頑張ってもらいたい』ダイナミック3級がオススメ。この一手さえ止まってしまえば、その後は頑張ればどうにかなるので、ダイナミックはちょっと苦手という女性に是非トライしてもらいたい一本でした。

コウテイとキングは、傾斜の面白さを詰め込んだ課題が多かった印象。とりわけコウテイにある波田くんの黄色い1級はかなり面白かった。バシバシ抱えて足でごまかして、どうにか頑張った先のゴール前取りの異様な遠さ。何度も何度も打ち込んだのですが、どうにも取れる気がしない。これを打ち込んでいたせいか、かなりヨレました笑

またヒデさんの課題はどれも登るだけで身になるようなものばかりで、何度もリピートしたくなります。トレーニーな課題という表現が当てはまると思うのですが、どうもそれに違和感を感じてしまうのですよね。保持感も少し強めでトレーニングにもなるのですが、それ以上に勉強になるというか身になるという表現がしっくり来ます。トレーニーといえどひとえに保持やフィジカル要素を強めただけではない課題がとても味わい深かった。コウテイの赤い2級とか良い感じでした。

とまぁ印象的な課題はこんな感じ。この他にも良い課題が沢山あったので、是非今度の遠征はペンギンに足を運んでみてはいかがでしょうか。

それでは皆さん、またお会いしましょう。

 

ペンギンの別の記事を読む

関連記事

-埼玉, 関東地方
-

Copyright© クライミングジムソムリエ , 2019 All Rights Reserved.