クライミングジムを味わい豊かにご紹介

クライミングジムソムリエ

東京 関東地方

Maboo。TNCF戦でジャッジ!”マガラ”ホールドは必見

更新日:

皆さんこんばんは、ソムリエです。

今回のTNCFマーブー戦はなぜかジャッジとして参加してきました。

コンペが好きじゃないと気づき、選手としての参加を見送っていたら色々あって、お手伝いさんとして召喚された次第です。せっかく来たのでちゃんと記事にしますよ。今回はなんとコンペ後に通常営業となり、ちゃんと登ることができたのでね。

今回のMaboo戦のテーマは『超マーブー』。マーブーと言ったらボリューム。そんなマーブーに超がつくということは、超ボリューミーということ。それでいてコンペ課題としてのクオリティも勿論高いわけです。マーブーらしく癖があるものから比較的素直な課題と様々ありましたが、どれもクオリティが高い。きちんとムーブを起こせば程よいグレード感でありがなら、一つでも間違えると強度が跳ね上がる感じとか、リスキーで緊張感あふれる課題とか、コンペらしくて良かった。素直な課題でも落とし所がしっかりあるし、今後他の会場やコンペに参加される方はトレーニングにもってこいです。もちろんコンペでないよという方もこのクオリティの高い課題を味うために是非とも訪れてもらいたい。普段は白のグレードで触りにくいガーリックサーフも、今回は取っ付きやすい強度の課題になっているので、この機会にガーリックサーフを堪能するのも良いでしょう。

各グレード5エリアに10課題で、トータルで35本(+1本とAix仕様のビギナーウォール)でした。遠征で行っても満足できる内容と量で、コンペ後の時間にしっかり登ってきてしまいました笑

また日本初お目見えとなる『マガラ』も必見です。Division1と2の課題で使われているホールドなのですが、めちゃくちゃ格好いい。ガーリックサーフのように全体的に木目で保持面だけフリクションがあり、形状といい掛かり具合といい魅力的でした。もうマガラに触りたい一心で課題をやってみたのですが、てんで手が進まずに終わりました。もっと強ければ色んなホールド触れるのに…。

今回は、選手としてでなく裏方として参加し、色んな人の頑張りでコンペが作られているのだなとしみじみ感じました。とりあえずジャッジが予想以上に大変な役であることは身に染みました。会場にいるのに他の壁とか微塵も見れませんからね。そしてかつてないほどに体幹と足が疲れました笑 色々と大変だったけど、とても貴重な経験でした。もっともっとクライミングの色んな側面を見たいなと改めて思いました。やはり私は、この業界のことが好きで好きでたまらないのです。

今回のTNFCの課題は12月10日まで。また12月12日~12月17日21時まで『Aixオンリー』という名前からして魅力的なイベントとあの『マッドなイベント』も行われるようで、そちらも見逃せません。マッドな奴は毎回参加しているので、今回も頑張っていこうと思います。行く度に寿命が縮んでいるような気もしますが、きっと気のせいでしょう。お時間が合う方は、草木も眠る丑三つアワーに共にクライミングに興じましょう。

また、ついに更衣室が男女ともに完成したのでそちらも必見です。今までマーブーの更衣室といったら申し訳程度の手狭なスペースだったので、素直にありがたいですね。ちょっとオシャレすぎて更衣室感がないですが、ありがたく使わせてもらいましょう。至る所にこだわりが詰め込まれた空間ですので、細かいところも色々見てみると面白いかと思います。

それでは皆さん、またお会いしましょう。

 

関連記事

-東京, 関東地方
-

Copyright© クライミングジムソムリエ , 2019 All Rights Reserved.